だんだん よくなる

トーキョーで、IT修行中。

知識のメガネで現実を見る

f:id:aroma-yu:20170731184331j:image

フジロックに行ってきた。

今年は2回めの参加だったので、初めてだった去年よりも勝手がわかって動き回りやすかった。

去年と違ったのは雨だったこと。ずっとレインポンチョをかぶりっぱなしだった、まあレインポンチョ可愛いから良かったけど、最後強めの雨がつらかった…。

 

ずっとレインポンチョをかぶっていて、帰り道、地元に降り立って初めて傘を指した。

すごい。

体に雨が降りかからない!

傘ってすごい。

文明ってすごいんだなー。

 

などと思った。

こんな新鮮な気づきは久々な気がする。

高校生超えてくると、どんどん小手先で理解するようになる。

だから本当の意味で理解をするということが減ってきた。

 

 f:id:aroma-yu:20170731184405j:image

フジロックでは、ゴンドラに乗って久しぶりに自然というものを眺めた。

山々が連なる風景を20分見ていた。

あれは常緑樹かな、あれは針葉樹っぽいな、よくわからないけど。と、なけなしの知識を巡らせながら風景を眺める。

 

ふと、小学生の頃を思い出した。小学生や中学生の頃。理科の校外学習みたいなものがあった。普段教室で、紙の上で覚えた知識のメガネで、現実世界を見る喜び。

当然、紙の上の知識と現実は違う。

現実にしかない発見がある。

そんなことを思い出したフジロックだった。